視力回復を自宅で毎日訓練!

視力回復を自宅に居ながらにして、毎日無料でできる方法をご紹介しています。

サイトトップ > 3Dの視力回復方法とは?〜平行法と交差法

3Dの視力回復方法とは?〜平行法と交差法

3Dで視力回復するトレーニング方法が人気を呼んでいます。

これは3Dアートの立体視ともいいます。そのほかマジカルアイとか、マジックアイエクササイズ、ファンタジー3Dなどの商品名でも呼ばれたりします。このなかで、もっともなじみがある呼び名は、マジカルアイではないでしょうか。

3dの視力回復法は、イラストや写真を特殊な見方によって、眺めるだけです。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、一旦できると瞬時にその世界に入っていけるようになります。

3Dの視力回復のマジカルアイは、幻想的な世界が出現するので、とても心が洗われますね。ストレスの解消としても使えます。平行法や交差法という見方をすると、眼球移動筋を鍛えることができます。

遠近を見るときは、毛様体筋だけでなく外眼筋も内外にうごかしています。分かりやすく言うと、近くを見るときは寄り目になります。遠くを見るときは、反対に目が外側に開いていきます。遠くを見るような目つきというものですね。

3Dの視力回復本によって、ステレオグラムの画像の手前かその先に焦点を結ぶようにすることによって、ふだんあまり使わない外眼筋を強化できるのです。ただ、このことが視力回復に結びつくのかは、人それぞれだと思います。

近視の人は、普段寄り目が多いので、交差法はしないほうがいいでしょう。平行法がオススメ。いっぽう遠視や老眼の人は寄り目が苦手だと考えられるので、交差法がオススメです。

こういった3Dの視力回復法は、小学生などの仮性近視や初期の近眼、あるいは軽度の遠視、老眼に効果があるといえるのではないでしょうか?

視力の回復方法を解説一覧