視力回復を自宅で毎日訓練!

視力回復を自宅に居ながらにして、毎日無料でできる方法をご紹介しています。

サイトトップ > 視力マッサージとは何だろう

視力マッサージとは何だろう

視力マッサージとは、どのような視力の回復法でしょうか?

インターネット上には、眼球を直接マッサージして、揉み解している説明があります。これは非常に危険なことです。眼球に物理的な力を加えると、眼球内の眼圧に影響が及びます。眼圧が上昇すると、網膜にある視神経繊維が損傷して、視野が欠ける緑内障になるかもしれないのです。

そのほか視力マッサージをすると、水晶体に圧迫が加わり、透明なレンズが白くにごる白内障になる危険があります。わざわざ眼球マッサージをして、こういった眼病を引きおこすこともないですよね?

床屋に行くと、眼球を押さえて圧迫する瞬間がありますが、あれは何とかしてほしいものですね。あれを気持ちいいと感じているようでは、目がかわいそうです。きちんと抗議しましょう。目の前に虫が飛ぶように見える飛蚊症になるかもしれませんよ。

視力マッサージの正しいやり方とは、眼球マッサージではなく、それ以外の部分を指圧することです。いいかえると目のツボ指圧です。目は直接もまなくても、その周りに密集している視力回復のツボを押すことによって、血行がよくなるのです。

視力マッサージの方法として、中国で目の体操が行なわれています。小学校などでも積極的に取り入れられていて、近視の子供が少ないそうです。

視力マッサージの場所としては、眉毛なんか分かりやすいでしょう。人差し指の第一関節と第二関節の内側を使って、しごくのです。内から外へと。

そのほかこめかみのツボも、視力アップには有効ですね。
ここは太陽のツボといい、目医者が要らなくなるほどの眼病予防効果があるといわれています。目の病気にかかりたくない人は、野菜や果物からルテインやビタミンCを摂取するとともに、この太陽のツボを頻繁に指圧することをおすすめします。

視力の回復方法を解説一覧