視力回復を自宅で毎日訓練!

視力回復を自宅に居ながらにして、毎日無料でできる方法をご紹介しています。

サイトトップ > 目が悪くなる原因って?

目が悪くなる原因って?

目が悪くなる原因について考えてみましょう。
もちろん、すべての人に共通する視力低下の原因はないと思います。人それぞれで生活環境が違いますし、年齢、性別、近視歴など様々だからです。

その上で目が悪くなる最大の要因は、近くの見すぎです。
勉強や読書、パソコン、ゲーム機は、すべて近くのものを見ますよね。これは目の内部にある毛様体という筋肉を緊張させることになります。これがある限度内であれば、そのあと遠くを見ることによって、自然と毛様体筋の緊張を緩めて、近視を予防しているわけです。

ところが生活のなかで近くを見る時間が多く占めるようになると、作業後に遠くを見ても、なかなか毛様体筋の緊張やコリがほぐれなくなります。これが仮性近視であり、ピントフリーズ現象といわれるものです。これこそが目が悪くなる最初のステップといえます。

逆に言えば、近くを全く見ずに、遠くばかりを見る漁とか狩猟の生活をしていれば、近視になりようはずもないわけです。

目が悪くなる原因は、そのほか暗いところで本や漫画を読んだり、反対に強い光を見続けるということもあります。暗い場所だと、文字が見づらいため、目を細めたり、凝視してよく見ようとしたりして、目が緊張します。また顔と本との距離も自然と近くなります。芸能人が強いフラッシュに目をさらしていると、目が緊張して視力が悪化するということがあります。

目が悪くなる原因として、最近とくに心配されるのは、光を発するパソコンやゲーム機です。本は反射の光程度ですが、こういった画面はそれ自体が光を発します。そうなると網膜にある視物質ロドプシンの再合成が追いつかなくなり、目がチカチカして疲れ目になります。

目が悪くなる原因として、栄養面もあります。
ビタミンB1は目の神経伝達に不可欠なのですが、甘いものを食べ過ぎると消費されてしまい、目のなかにとどまらなくなります。これが急激な視力低下を引きおこす危険があるのです。こういった目の悪い環境が、近視へとつながっていくことは想像に硬くありません。

目が悪くなる原因を排除するには、適度な照明のもと、姿勢を正して、読書なり受験勉強なり、パソコン作業をすることが大切ではないでしょうか?

視力の回復方法を解説一覧